【終了】舞鶴 新茶会

舞鶴新茶会が終了しました。

お茶と言えば宇治というイメージがあるからか、地元の方にもあまり知られていない舞鶴茶。

産地賞を5年連続で獲得するなど、高評価を得ているお茶をもっとして貰おうと企画したもの

で、お茶工場の見学や、茶畑の見学、生産者による淹れかた講座、玉露と煎茶の飲み比べと美味しい和菓子をじっくり楽しんでいただきました。

今回、中国の方も参加され、中国茶のお話しも聞かせてもらい、お茶の話で終始和やかな会でした。

舞鶴の加佐地域ではお茶の栽培が盛んに行われています。かぶせ茶(玉露と煎茶の中間の栽培方法)は2016年の時点で5年連続1位を受賞しています。(産地賞)

2017年の今年は温暖の差が多きかった事から、品質の良いお茶が期待され、6年連続1位を狙って貰いたいですね。

6月のイベントはそんなお茶(かぶせ茶ではなく玉露と煎茶ですが…)への造詣を深めるイベントです。

大きな機械が稼働しているお茶工場の見学と、お茶の専門家である農家さんから美味しいお茶の淹れ方を教えて貰い、新茶の飲み比べ+老舗和菓子屋さんの生半菓子を頂きます。

日時:6月11日(日) 13時~15時30分

料金:1,500円

定員:先着20名

受付:6月1日~8日

集合場所:加佐公民館(工場見学後、各自上野家へ移動)

特集記事
記事一覧
アーカイブ
タグ一覧
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2015 舞鶴市加佐地域農業農村活性化センター