【終了】藍の生葉染め体験

蔵で藍染展をしてくれている福知山の藍工房花城さんの協力を得て藍の生葉染め体験を開催しました。

当日は晴れ、スタッフを含め8人が生葉染めに挑戦!

材料は採りたての藍の葉、塩、水、シルクのハンカチです。

始めに藍という植物に関する説明を受け、藍の育成、藍染の方法等を教わります。

説明が終わるとハンカチを紐やビー玉等を使って思い思いに絞ります。

ハンカチを絞り終わったら生葉に塩と水を桑て揉んでいき、染め液を作ります。

液がねっとりとして来たらハンカチを加えて更に揉みこんで、液を馴染ませます。数分間揉み続け、液から出して水で洗い流します。

日陰に干して乾燥させます。

完成です!生葉は色が薄いと聞いていましたが、絹は流石の発色。

皆さま、お疲れまでした!今年の冬には上野家で藍を植えて育てる予定ですので、来年夏には上野家産の藍で生葉染に挑戦してみます!

特集記事
記事一覧
アーカイブ
タグ一覧
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2015 舞鶴市加佐地域農業農村活性化センター