イベント情報

【終了】mini門松&お餅つき “餅花も作るよ”

2016年最後のイベントのミニ門松作りとお餅つきが終了しました! 昨年の竹よりも太い孟宗竹という種類の竹を使用した今回、竹を切るのに苦労しながらも参加者でわいわい言いながら作り上げ、その間にお餅つきの準備をしつつ、子供たちには前日に炒った大豆をすり鉢を使ってきな粉にしてもらいました。 全員作り終えるとお餅つきが始まり、子供たちも小さな杵でお餅つきを楽しみ、あんこやきな粉、砂糖醤油のつきたてお餅を美味しく頂きました。(今年はノロウィルス対策の為、お餅に直接触るのは消毒をして手袋をしたスタッフのみでした) お餅を食べ終わった後に食紅で色を付けたお餅とそのままの白いお餅で餅花を作り、無事イベント終了となりました。 個人で作った餅花は持ちかえって貰い、大きな餅花は上野家の蔵に飾られていますので蔵展をご覧の際に一緒にご覧ください。 【満員御礼 12/9 定員に達しましたので締め切らせて頂きます。】 12月のイベントは「mini門松&お餅つき “餅花も作るよ”」です。 昨年は変わり門松を作りましたが、今年は孟宗竹を使った卓上にも飾れる小さな門松を作る予定で、お餅つきは昨年と同様にあんこ・きな粉・砂糖醤油で召し上がってもらいます。※もち米も同じく西方寺平の物を使わせて貰いますのでお楽しみに! 今年は小ぶりの枝で餅花を作りますので、欲しい方は作った物をお持ち帰りしていただけます。 日時:12月25日㈰ 13時~15時 料金:ひとり 1,000円 ※小学生以下無料 定員:15名(先着順) 受付は12月1日から17日まで。材料の用意がありますので締切厳守でお願い致します。

【終了 12~1月蔵展】 晴耕雨陶

12月からの展示は2か月間、1月末までの展示となっています。 出展者は加佐地域に在住の佐織保男さん。 タイトルの「晴耕雨陶」の文字通り、晴れの日は畑に出て雨の日は創作活動に没頭される日々を過ごされているそうです。 農作物や加佐の風景を題材にした絵画や渋く落ち着きのある陶器を展示させてもらう予定です。 足元が悪くなる季節ではありますが、是非上野家までお越し下さい。 期間:12月1日㈭~1月31日㈫ 場所:大庄屋上野家の蔵

【終了】農道整備のボランティア募集

舞鶴市西方寺平 農道整備のボランティア募集です。 この季節になると雲海が良く見られる西方寺平は赤岩山の中腹にある集落です。 宮津藩との境を警備する為に人が派遣されたのが始まりだそうで、現在は養鶏が盛んに行われています。 棚田も数多くあり、その一部を棚田オーナー制度を利用して貸し出しを行っており、今回はその棚田へ繋がる農道の整備を行う為のボランティアスタッフを募集しています。 期間:11/24㈭~11/26㈯ 9時~16時    都合の良い日にち・時間帯だけでも歓迎! 持ち物:飲み物・軍手・お弁当(昼をまたぐ場合) 集合場所:西方寺平集会所 問合せ先:西方寺平棚田保全の会 泉金雄(090-1245-6997) ◎長靴・作業着など汚れても大丈夫な服装でお越し下さい。 この事業は京都府の「中丹ふるさと再生推進事業」の支援で行われています。

特集記事
イベント一覧
アーカイブ
タグ一覧
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2015 舞鶴市加佐地域農業農村活性化センター